2233円 日本語と中国語で読む日本文学/太宰治/小説// 人間失格 対訳で中国語を学ぶ 日中対訳小説 本・雑誌・コミック 語学・辞典・年鑑 語学学習 中国語 本・雑誌・コミック , 語学・辞典・年鑑 , 語学学習 , 中国語,対訳で中国語を学ぶ,日本語と中国語で読む日本文学/太宰治/小説//,日中対訳小説,人間失格,/carboniferous2850710.html,2233円,economicactivist.com 2233円 日本語と中国語で読む日本文学/太宰治/小説// 人間失格 対訳で中国語を学ぶ 日中対訳小説 本・雑誌・コミック 語学・辞典・年鑑 語学学習 中国語 本・雑誌・コミック , 語学・辞典・年鑑 , 語学学習 , 中国語,対訳で中国語を学ぶ,日本語と中国語で読む日本文学/太宰治/小説//,日中対訳小説,人間失格,/carboniferous2850710.html,2233円,economicactivist.com 出色 日本語と中国語で読む日本文学 太宰治 小説 日中対訳小説 人間失格 対訳で中国語を学ぶ 出色 日本語と中国語で読む日本文学 太宰治 小説 日中対訳小説 人間失格 対訳で中国語を学ぶ

出色 日本語と中国語で読む日本文学 太宰治 小説 日中対訳小説 人間失格 気質アップ 対訳で中国語を学ぶ

日本語と中国語で読む日本文学/太宰治/小説// 人間失格 対訳で中国語を学ぶ 日中対訳小説

2233円

日本語と中国語で読む日本文学/太宰治/小説// 人間失格 対訳で中国語を学ぶ 日中対訳小説




「人間失格」は1948に日本の小説家太宰治が発表した中篇小説です。中国語と日本語対照して読みやすいです。中国語を勉強している方にお勧めします。

編著者:太宰治 ,#8206; 施小#29010;
出版社:華東理工大学出版社
出版日:2017年5月25日
ページ:276
言語:中国語(簡体)・日本語
商品サイズ:A5 19.0 x 13.1 x 1.5cm
商品重量:350g
発送方法:メール便

※輸入商品です。出版(製造)年が古いものにつきましては中古品では無いものの経年劣化が見られる場合がございます。程度の甚だしいものにつきましてはご注文の際にご確認させて頂きます。※弊店では店舗販売も同時に行っています。商品が売り切れ場合も御座いますので予めご了承ください。

日本語と中国語で読む日本文学/太宰治/小説// 人間失格 対訳で中国語を学ぶ 日中対訳小説

山猫軒

非常に洗練されたディナー♪

今回のメインは、、、
鮭茶漬けという事になるのか🤣

もちろん、鮭、、、ではなく、
世界で一番安全かつ
唯一安心して生食できるタスマニアサーモンを炭火で炙り、
米はもちろん女神のほほえみ米の無農薬無化学肥料。
それを精米して数秒以内に水を張っての炊飯ON❗️

劣化なく米のあるがままを味わいさえます。

いろんな手数を使うことよりも、
いかに食材の持つ個性を余すことなく、
そして本質を捉えて調理するか。

それこそが山猫ワールドであり、
現代の料理に忘れられてしまったかのような、
大切なもの・こと。 が宿っております。

そしてそして、炊きたてのご飯に、、、
綺麗なお湯を、そっとかける。

ただそれだけ。


正式には茶漬けではありませんね(笑)

湯漬け、お湯掛け、、


ま、とにかくイトウさんらしい味わいに期待しちゃいます‼️













 いよいよ出てきましたね、新いくら。
珍しく味醂を効かせてます。
何をやっても根本が違うので、
いくらとしての澄み切った味わいに満たされます。










 真鯛の盛り合わせ。
スズキの洗いの予定でしたが、
良い真鯛があったので仕入れたそうな。
通称ノコギリ切り(笑)でいかにストレスなく
身を美しく切り断つか。
断面を見れば一目瞭然。
舌にのせれば吸い付くような当たりを感じます。



















 本日のウリでもある、からすみのパスタ♪
これはたまらんでしょ!

よくあるカラスミ、、 ボッタルガの風味とは
これまた次元の異なるような無駄のない味わい❗️

よくあるあの芳しさは、カラスミの特徴じゃなかったんだ⁉️

と気付いてしまうはず(笑)


香ばしくもあり、インパクトではなくフワッと膨らんでくるカラスミの風味。
圧倒的なのですが、あくまで優しく、、、そして優しく。

この大量さにも関わらず、
スーーーーっうっと! 収まってゆきます。

うまいね。

外では、常にこーゆー料理を食べたいものだ。
























 見蘭牛のタリアータ、サラダ。

贅沢なヒトサラ。
和牛の祖、天然記念物である見島牛を親に持つ見蘭牛は
驚くほど軽やかで、筋肉質な赤みの旨さ、香りに溢れている。

超絶な炭火での火入れでもってそれを最大限に美味くする仕事。

野菜の旨さ、、、
どれもがシンプルかつ洗練されており、
その旨さは他では絶対味わえない領域。

真っ当なクリアな味とは、こーゆーレヴェルにあります。


















 鮭茶‼️

侘び寂びの美すら感じます。

色即是空。

ボクはそこに極地があると感じますので、
こういった料理に非常に惹かれますし、
もし自分が人の為に作るとするならば、
こういうものを作りたい。

食材やさまざまな馳走様、食べ手のことを思うなら、
必然とこうなるのでは?
と思えてやまないです。

しっかりインパクトは感じられるのです。

無駄のない味とはこういうもの。
とヒシヒシ伝わってくるものがある。

そしてお湯を注いだだけ!のごはん、、、
癒しですね〜♪


極端な話し、麺類や汁物、椀物なども
こういうレヴェルで食べたいものです。
旨みの強い、、 いや、
旨みの多い食べ物は疲れます。


サラサラ〜っと湯と米を楽しみ、
時折りパクっとサーモンを頬張る。

なんと幸せな味かと。

その繰り返しをしているうちに、
いつしか世界観に浸っています。

ちょいと幸せな美味しさ、、、♪



















 久しぶりに頂くピスタッチョオイルがけのミルクアイス。

このオイルは日本ではここにしかない。
似たものは溢れてますが、全く別物だと思っても良いです。

澄み切った味わいで、体への馴染みが素晴らしく良い。
そして膨らむ風味にはウットリさせられるものがある。











 苦いコーヒー。

最高ですね!



















 本日は食べる幸せ➕αないろんな出会いなどもあって、
いつも以上に素晴らしいNightでした。